夏の暑い季節に心配な犬の熱中症と熱中症対策と予防策

夏の暑い季節に心配な犬の熱中症と熱中症対策と予防策

これからの時期に心配な犬の熱中症と熱中症対策

 

以前少しお話した犬の熱中症について詳しくお話しようと思います。
ここ数年で、熱中症という言葉はとてもポピュラーになったと思います。

 

 

 

6~9月の天気予報では、
「明日は暑くなりますので、熱中症に注意してください。」
「水分補給をこまめに行ってください」
などは、毎日のように言うようになっています。

 

 

私達人間は、熱中症に高い意識がありますが、ペットに関してはどうでしょうか?
あまり考えたことがない人もいるかもしれませんが、
犬も人間と同じで熱中症にかかります。

 

それでは、熱中症の疑いがある犬の症状をいくつかご紹介していこうと思います。
もし、このような症状がある場合は様子を見ながら適切な処置をしましょう。

 

 

犬の平熱は人間より高いですが、熱中症により体温が40℃以上になり、足取りが安定しなくフラフラ歩く。
グッタリとしていて嘔吐をする。

 

更に症状が悪くなると、痙攣や意識を失い失神したりする場合もあります。
この状況になると、かなり深刻な状況に陥っています。
体を冷やしてあげて、直ぐに病院に連れて行きましょう。

 

 

なぜ熱中症になりやすい?熱中症の原因

 

 

犬は人間より体温調整が苦手です。
汗による体温低下などができないからです。

 

夏場に30℃を超えることが頻繁にある日本では、犬には厳しい季節です。
室内犬の場合は、窓などを閉め切ってエアコンを消してしまった状態で外出をしてしまったり、買い物中に閉めきった車の中でお留守番をさせたなどの原因が多いようです。

 

また気温が30℃を超えるようだと、アスファルトの温度は更に高いので、そんな状況での散歩なども原因の一つになります。
このような原因は、飼い主の気遣いで防ぐことができます。
暑い時間は避けて散歩に連れて行く重要性!

 

電気代はかかりますが、外出する際は、エアコンを稼動させておく。
一人で可哀想だからといって、店舗に連れ込めない場所には連れて行かない。

 

これを守るだけで、犬の熱中症になる可能性は低くできます。
また人間と同じように、なるべく水分を摂取できるような環境を作ってあげるとよろしいかと思います。

 

 

他の原因は、太りすぎなどもあげられます。
やはり、通常サイズの犬より、太った犬の方が熱中症にはかかりやすいようです。
これは、熱中症だけに限らずですが、やはり常日頃から標準体重キープさせることを心がけるようにしましょう。

 

 

 

散歩に便利チョークバック

散歩道具を入れるのに最適なチョークバッグ!

両手が空くのリードに集中できるので安全にもつながる!

 

 

関連ページ

散歩の途中で犬が動かなくなるのって何で?犬の散歩あるある
散歩に行って犬の思わぬ抵抗にあうことってありますよね?地面に根でも張り付けているかのような抵抗
「えっ?!」自転車で犬を散歩させるのは道路交通法違反で罰金なの?
知らない間に法律違反をしてしまうことも・・・自転車で犬の散歩はNG
夏の散歩でも注意が必要。犬も蚊には要注意!フィラリアの必要性
蚊による感染で怖いのがフィラリア
日差しの強い時期の散歩にこそ必要になる犬の服!冷房対策にも
暑いから服は着せなくていいのではなく、日差し対策で着せてあげる重要性!
犬の散歩に必要なリード長さはとても重要です!
リードの長さは犬の散歩をするうえで非常に重要なファクターとなります。
夏場など暑い季節に注意したい犬の散歩で知っておきたい事!
猛暑日が多い夏場の犬の散歩の注意点を解説!