真夏の散歩の注意点!絶対に避けるべき時間帯や人には気付き難い事

夏場など暑い季節に注意したい犬の散歩で知っておきたい事!

夏場など暑い季節に注意したい犬の散歩で知っておきたい事!

 

飼い主さんにとって散歩は大変大事な作業になります。

 

最近の小型犬は、家の中でもしっかりとおしっこができるようにしつけをしている人も増えていますが、やはりできることならしっかりとした散歩を朝と夜の2回は連れて行ってあげたい所です。

 

その際はどれだけ言う事を聞くワンちゃんでも、しっかりとリードをすることをお忘れになりませんように!

 

飼い主のマナーとして、しっかりと最低限のことは守りましょう。
「自分の飼っている犬は大丈夫だ」という気の緩みが、犬を飼っている他の飼い主さん達全員の信頼を下げる結果になってしまいます。

 

 

夏場の散歩は犬にとっても厳しい季節

夏場の散歩は、ワンちゃんにとっても大変だったりします。
特に本当は寒い地方に生息する犬種を日本の夏のような30℃を越す暑さに対応できるわけがありません。

 

直射日光に弱い犬もいます。
皮膚があまり強くない犬には、薄手のものでいいので、犬用の服を着せてあげるのもよいと思います。

 

そして忘れてしまいがちなのが、アスファルトの温度です。
夏場は、気温以上に熱を帯びるのがアスファルトの道路です。
人間は靴やサンダルを履いているので、直接触らないと温度を感じることはありませんが、夏場の時間帯によっては、40度以上に達する事もあります。
特に30℃を超えるような暑さになった時は、日中の暑くなる11時~16時ぐらいまでの時間は避けるようにしてあげましょう。

 

足の肉球がぶ厚いとはいえ、やはりワンちゃんも熱いのです。
朝の涼しい時間帯や夕方過ぎから涼しくなった夜にかけて、犬の散歩に行くようにしてあげてください。

 

また背の低いミニチュアダックスフンドなどは、地面に顔が近いため息を吸うのも熱い空気になる辛いと言われています。
やはり、朝や夜は飼い主さんが大変になりますが、涼しい時間に連れて行ってあげるように心がけましょう♪

 

 

犬のお散歩時に非常に便利なアイテムのチョークバック!

 

関連ページ

散歩の途中で犬が動かなくなるのって何で?犬の散歩あるある
散歩に行って犬の思わぬ抵抗にあうことってありますよね?地面に根でも張り付けているかのような抵抗
「えっ?!」自転車で犬を散歩させるのは道路交通法違反で罰金なの?
知らない間に法律違反をしてしまうことも・・・自転車で犬の散歩はNG
夏の散歩でも注意が必要。犬も蚊には要注意!フィラリアの必要性
蚊による感染で怖いのがフィラリア
夏の暑い季節に心配な犬の熱中症と熱中症対策と予防策
夏場の暑い季節に心配になる熱中症の予防対策!
日差しの強い時期の散歩にこそ必要になる犬の服!冷房対策にも
暑いから服は着せなくていいのではなく、日差し対策で着せてあげる重要性!
犬の散歩に必要なリード長さはとても重要です!
リードの長さは犬の散歩をするうえで非常に重要なファクターとなります。